大阪市北区天神橋(JR天満駅、地下鉄扇町駅下車スグ) 女医と女性スタッフの『天神橋ゆかこレディースクリニック』|婦人科・産婦人科・不妊治療・子宮がん検診・妊婦健診など、思春期から老年期まであらゆる年代の女性の悩み事や心配事について良質な医療でお応えしています。

診療案内

  • HOME »
  • 診療案内

診療案内
Service

婦人科に
ついて

生理(月経)のトラブル
*月経痛・月経困難症:生理痛がひどい。
*量の異常:生理の量が多い、または少ない。
*無月経:生理がとまってしまった。
*月経不順:生理の周期がバラバラ。
*不正出血:生理以外に出血する、茶色のおりもの
*月経前症候群:生理の前になると体調が悪い
 (イライラ、肩こり、頭痛、便秘など)

内診や超音波で、子宮・卵巣に異常がないか確認します。その他、ホルモンバランスの異常についても、適切にご説明します。月経の異常から、重大な病気の発見になることを多く経験しております。気になることがあれば、お早目に受診ください。

不妊治療

不妊治療まず内診・超音波検査、血液検査、ホルモン検査、フーナーテスト(精交後の頸管粘液内の精子の状態をみる検査)、卵管通水検査などを行います。結果に応じて、当院ではタイミング療法と人工授精を行っております。

タイミング療法:
不妊一般治療の中ではファーストステップになるこの治療。医師が排卵時期を正確に予測し、性交のタイミングを指導します。市販の排卵チェックのみに頼るより、確実に排卵時期を予測できます。より妊娠率があがるよう適切にお薬をお出しします。この治療は性交のタイミングを指導するだけではなく、月経周期の一連の経過の中で、卵胞がきちんと発育し、排卵しているか、排卵時に十分な頸管粘液が分泌されて、その中に精子が侵入できているか、また排卵後の内膜は十分厚くなっているかなど、しっかり確認していきます。
人工授精:
性交障害や、子宮の頸管粘液の不足・異常、精子の数や運動率などのため、精子が子宮内に入らない場合や、または原因不明の不妊の場合に、人工的に精子を子宮内に注入する方法です。痛みはほとんどありませんし、その後の腹痛は排卵痛であることが多いです。ただ、実際に精子と卵子が出会ってから、受精→着床→妊娠に至るまでの可能性は自然妊娠と同じです。人工授精を数回しても妊娠に至らない場合は、信頼できる体外受精(受精までを子宮外で行う方法)専門病院を紹介いたします。

妊婦健診

妊婦健診妊娠初期から妊娠中期までの妊婦検診を行っております。
妊婦健診の目的には、正常な妊娠経過を確認する以外にも、ハイリスクな妊娠の早期発見、妊娠中に発症する合併症の予防、胎児異常の有無の診断、分娩時期の予測、分娩方法の決定、妊婦さんの不安の緩和、マイナートラブルへの対処など、たくさんあります。さらに当院では4D超音波で、おなかの中の赤ちゃんの表情や動作などをリアルタイムに観察することができます。 当院では分娩は取り扱っておりませんので、ご希望の病院をご指定いただくか、信頼できる分娩施設を紹介いたします。現在、全国的に分娩施設が減少しており、妊娠初期で分娩予約がいっぱいになる施設もあります。お早めに分娩先を確認しておいてください。

産科エコーの4D動画 01

産科エコーの4D動画 02

性感染症

性感染症「オリモノが気になる」「パートナーからの感染が心配」など、いつでも気軽にご相談ください。恥ずかしいからと放置していては、将来不妊になったり、出産に影響を及ぼすこともあります。性感染症は誰でもかかる可能性のある病気です。当院は信頼できる女性スタッフばかりなので、ご安心ください。
性感染症の種類はクラミジア感染が最も多く、その他は性器ヘルペス、トリコモナス、尖圭コンジローマ、淋病、梅毒、HIVがあります。無症状で知らない間に10代~20代の方が感染し、長年抱えていることも多いです。診断がつけば、ただちに内服や塗り薬を数日使用して治療します。

更年期相談

更年期相談更年期とは閉経をはさんだ前後の約10年間のことをさします。平均閉経年齢は50歳ですので、45歳~55歳あたりが更年期にあたります。閉経が近づくと卵巣のはたらきが低下し、女性ホルモンのうちエストロゲンの量が急激に減少します。それに伴って身体に生じてくるさまざまな症状を総称して、更年期症状とよびます。
快適な更年期ライフを過ごしていただくために、適切なホルモン補充療法や漢方療法を行っております。当院ではチェックシートを使って、より客観的にご自身のお体を理解していただき、適切な治療につなげています。

漢方外来

漢方外来冷え症、むくみ、イライラ、肌荒れ、便秘などは、月経周期の女性ホルモンの波に影響されておこることもしばしばあります。臓器別に治療を行う西洋医学と違ったアプローチ方法で、漢方は女性の不調改善を得意としています。体調の変化をうまくコントロールできずに悩んでおられる方は一度ご相談ください。

低用量経口避妊薬(低用量ピル)

低用量経口避妊薬(低用量ピル)低用量ピルはきちんと服用した場合99.7%の避妊効果を発揮する薬ですが、それ以外にも効果は認められています。例えば、生理痛の軽減、月経量の減少、生理不順の改善、月経前症候群(PMS)の緩和など。
また、事前に生理日を把握できたり、生理日の移動もできます。排卵を抑えることで卵巣を良好な状態に保ち、卵巣がんにかかるリスクが低下するのも特徴です。また子宮体がんにかかるリスクも低下します。ただ、喫煙者(35歳以上で1日15本以上)、癌の可能性が否定できない不正出血、エストロゲン依存性腫瘍、血栓性素因、冠動脈疾患、高血圧、前兆を伴わない片頭痛がある方、肝障害などがある方は服用はできません。

月経移動

月経移動の方法には、低用量ピルと中用量ピルを使用する2つの方法に加えて、月経を遅らせる方法と早める方法の2つの方法があります。月経を遅らせる方法の場合は大切な予定の時期に薬を飲み続けている必要があります。しかし早くから予定がわかっている時には前の周期の月経をずらしてしまえば、大切な予定の時期の内服の必要はなくなります。ご希望に合わせて、調整いたしますが、早くから予定が判っている場合には、移動方法の選択肢がひろがりますので、早めの相談をお勧めします。
妊娠されていないかの確認のため、処方の前に妊娠反応検査をすることもあります。

避妊相談

避妊相談日本では避妊法としてコンドームを選択する人が多いですが、実はコンドームをつけていても妊娠してしまう人が約14%という報告があります。だから、より確実な避妊効果が期待できるピルや子宮内避妊用具の併用もご提案しています。当院でご自分にあった方法を見つけてください。

アフターピル

アフターピル「望まない妊娠してしまうかも!」を思ったら、72時間以内に受診し、緊急避妊ピル(アフターピル)を希望してください。望まない妊娠を80%は避けることができます。早く服用するほど、効果が高くなります。ただし、健康保険はききません。1回7,000円~15,000円。

日帰り手術

子宮頸管ポリープ切除術:子宮の入り口できたポリープを切除します。しばらく出血はありますが、痛みはほとんどありません。切除したポリープは時に悪性のことがあるので、病理検査を必ず行います。
バルトリン腺嚢胞(膿瘍)手術:外陰部にできたしこりの多くが、このバルトリン腺嚢胞(膿瘍)です。切開して内容液を排出するか、さらにバルトリン腺嚢胞が再発しないように、嚢胞壁を外側に縫合して排出口が閉鎖しないようにします。局所麻酔で行います。
その他人工妊娠中絶、流産手術など

ブライダルチェック、レディースドック

ブライダルチェック、レディースドック当院では通常の健康診断では行わない項目も行っております。若いうちから健康に投資をし、ご自身のお体を大切にしていただきたく思います。

自費診療について

当院は一般の保険診療以外にも、自費診療を行っています。

自費診療・検査のメニューと価格表はこちらから

クリニック情報
Clinic Information

診療時間

診療時間
午前 9:30~13:00
午後15:00~18:00

休診日:水曜午後・土曜午後、日曜、祝日

クリニックのご案内

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋4-4-20
清交ビル2階
※ビル南側に入口がございます

当ビルは階段のみです。お手伝いがご必要な方は、来院時にお電話頂ければ、ビル前までお迎えに上がります。

JR環状線「天満」駅
から西へすぐ
地下鉄堺筋線「扇町」駅
1号出口から徒歩約3分

お気軽にお問い合せ下さい。

TEL:06-6314-6651

インターネット予約

問診票ダウンロード

クリニック情報
Clinic Information

〒530-0041
大阪市北区天神橋4-4-20
清交ビル2階
※ビル南側に入口がございます。

JR環状線「天満」駅
から西へすぐ

地下鉄堺筋線「扇町」駅
1号出口から徒歩約3分

連携施設の紹介

自費診療・検査価格表

院長ブログ

PAGETOP
Copyright © 2018 天神橋ゆかこレディースクリニック All Rights Reserved.